信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館

HOME >> 日記帳

 

2019年04月05日


今日は材料の検品に同行。
新しく追加する柱を見てきました。
国産のヒノキ材です。どれも想定以上に綺麗な材料でした。これから大工さんのセンスで番付、加工をして建物に納めていきます。
綺麗に鉋がかかればヒノキのいい香りが感じられることと思います。


 

2019年04月04日

絶賛解体工事中


絶賛解体工事中の現場は大工の皆さんが自ら手作業で解体工事を進めてくれています。
残す部分を傷めないよう丁寧に。
廃材を搬出するにも一苦。
皆さん埃だらけです。
本当に頭が下がります。
昔の職人さんの仕事が現れます。


 

2019年04月02日

造園工事スタート


現場は解体工事の真っ最中ですが、早くも本日から造園工事が始まっています。
建物と庭の調和は今回の工事の大切なポイントの一つです。

既存の庭を活かしつつ新たに作る庭、如何にその景色を内に取り込むことが出来るか。

お客様の目線に立ちながら建物と庭の高さ、据える石の角度をミリ単位で調整していきます。その一つ一つがお客様の心地良さに繋がると私たちは考えるからです。
通常、造園工事は最後になりますが、今回は既存の建物と庭がある為、先行してやらなければならない事が山ほどあります。資材の搬入も一苦労。
今しか出来ないことがあります。きっと次の100年までそのままだと思うと石の据え方一つに緊張感が漂います。


 

 

このページの上部へ