信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館

HOME >> 日記帳

 

2013年11月19日

秋の剪定


当館のお庭は今週から秋の剪定に入りました。

玄関先の門かぶりの大松を手始めに、暮れの冬囲いまで庭師さんが出入りをしております。

お客様には極力ご迷惑がかからないよう配慮致しますが、ご理解の程お願い申し上げます。

 

庭のクニフジの若手庭師二人が数年後の庭のカタチを想像しながら只今奮闘中。

鋏の音と仕事姿も風景としてお楽しみ頂ければ幸いです。

小谷野さん、加藤さん宜しくお願い致します。

(頭の手ぬぐいが粋です!)

紅葉も今週末までお楽しみいただけると思います。


 

2013年11月10日

秋深まり


玄関の枝垂れ紅葉が見事に色付きました。

赤や黄色に色付く松本の街は今がまさに見頃です。


 

2013年09月09日

瓦の葺き替え


IMG_1310

 

秋空のただ今、別館屋根の瓦の葺き替え工事の真っ最中です。

長い風雪に耐えながら築80年の建物を守ってきた建築当時の瓦屋根ですが、傷みが目立ち雨漏りの心配される箇所も出てきました。

経年変化した瓦の風合いは古い建物には良く合い、古瓦で葺き変えることも考えましたが膨大な手間に断念。

新しい瓦ですが昔ながらのいぶし瓦で葺き替えてることにしました。

 

瓦の工事は昔から地元の福沢瓦店さん。

宿屋を始める前、瓦屋を営んでいた当館の初代「儀道司おじいさん」と福沢さんのおじいさんは瓦屋仲間で兄弟弟子たっだそうです。

「じい様たちはよくもま~こんな凝った仕事をしたもんだ」と福沢さんも感心するような丁寧で立派な仕事がされています。

 

古瓦を解体する様子はどこか寂しい感じもしますが、また1世紀この建物を守ってくれることでしょう。

80年振りの瓦屋根の葺き替え。

感慨深い風景です。

 


 

 

このページの上部へ