信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館

HOME >> 日記帳

 

2016年08月04日

SASAKI SEEDSの夏野菜


 

先日、ご紹介させていただいた里山辺の野菜農家SASAKI SEEDSさんの夏野菜が続々届いております。

 

四葉胡瓜、半白胡瓜、バンビーノ、パッローネ、山科茄子、真黒茄子、梨茄子、泉州水茄子、八丈オクラ、ステラミニトマト、バジル、ルッコラ。。。
どれも固定種の種から育った 野菜です。瑞々しくて味が濃く、無農薬で安心して食べられるお野菜です。

 

当館の夏のお料理の主役はまさにこの夏野菜たち。

野菜の美味しさを改めて感じて頂けたら嬉しいです。

 

 

 


 

2016年08月03日

馬肉のご提供について


当館のご夕食の献立で定番となっていた「馬刺し」について少し残念なお知らせです。

 

この度、仕入れ先の精肉店が7月で閉店することとなり、馬刺しのご用意が出来なくなってしまいました。
松本市内にあるその精肉店は明治から馬肉を扱ってきた松本唯一の名店。
ご主人と奥様で切り盛りする小さなお店ですが、馬を一頭買いし、とても丁寧な仕事で本物の味と松本の馬肉の文化を支えてきたお店です。
しかしながらご夫婦ともにご高齢となり、この度閉店することとなりました。

 

当然ながら配達など出来ないお店でしたので、私は2、3日に一度はお店に出掛けてご主人と世間話をしながら、その日の良いお肉を頂いてくるのが楽しみでもありました。
ご主人の肉を裁く包丁使い、仕事観、人生観。。。私にとってはお肉を仕入れること以上に学びのあるお店だっただけにとても残念でなりません。

 
私の知る限りでは松本にはこのお店のような仕事のできる精肉店は思い当たりません。
馬刺しを楽しみでご来館下さっていたお客様には大変申し訳ございませんが、
信頼できる精肉店が見つかるまで馬肉のご提供はお休みしようと思います。
誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけますと幸いです。


 

2016年06月22日

SASAKI SEEDS


当館と同じ里山辺で野菜作りを営むSASAKI SEEDSさんの畑にお邪魔させていただきました。

 

SASAKI SEEDSと言っても種屋さんではありません。

固定種、在来種の野菜から自分で種取りをして、農薬や肥料を使わずに自然栽培でお野菜を作る農家さんです。

 

他品種と交配しないように受粉作業をコントロールしながら、毎年同じ品種の種を取り続けていくというとても手間のかかる栽培方法にチェレンジしています。何年も同じ種を取り続けていくことで種のDNAにこの土地の気候風土が刷り込まれて、土地に合った力強い野菜が育つそうです。

 

畑は当館の氏神様でもある須々岐水神社の隣にあり、美ヶ原からお宮の中を流れる小川の水でお野菜を育てているとか。なんとも有り難いお野菜なのです。

佐々木さんご夫婦が種取り栽培を始めて4年目、今年からSASAKI SEEDSとして本格的に取り組むということで、当館でも佐々木さんご夫妻の情熱の籠ったお野菜をお取り扱いさせていただくこととなりました。

 

現在、全てが露地栽培のため、本当の旬の野菜たちです。また、種取り栽培という大変手間のかかる方法をご夫婦だけでされているため、生産量にも限りがあるそうです。当館でも通年でのご用意は難しいと思いますが、佐々木さんのお野菜があるときにお料理の中で少しづつご紹介できればと思っております。

 

これからの夏野菜がとても楽しみです。

 

SASAKI SEEDS
 


 

 

このページの上部へ