信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館

HOME >> 日記帳 >> 日記帳|信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館 » 観光

 

2012年05月17日

素敵な出会い


先日、またひとつ素敵な出会いをいただきました。

木の生活道具MWC.WORKSHOPを営む小林ご夫妻。

場所は長野市の中条地区。山間の眺めの素晴らしいところ。

昔の養蚕で使われていた建物を改修した工房でひっそりと手作りの家具や生活道具を作っています。

 

私事で恐縮ですが、息子にプレゼントする椅子の制作をお願いしており、先日受け取りにはじめてお邪魔しました。

工房の中には作品が並ぶギャラリーがあり、どれも木の自然な風合いが美しく素朴で優しくて可愛らしいものばかり。ご夫婦のお人柄がそのまま形になったようです。

 

 

無理のない丁寧なモノづくり。

 

 

山間の小さな工房で自分の商売に対する姿勢を再確認させられました。

素敵な出会いに感謝し、今後ともよろしくお願い致します。

 

*工房への訪問はアポイントメントが必要のようです。お出掛けの際はご確認ください。

 


 

2012年02月01日

奈良井宿


先日、フっと古い建物が見たくなって奈良井宿をブラブラしてきました。

私のような古民家好きにはたまりません!!

奈良井宿は江戸時代の風情がそのまま残る日本最長の宿場町。

最近ではNHKの朝ドラ「おひさま」のロケ地としても使われたことで、より一層賑わいを増したそうです。

約1キロに渡って古民家が立ち並ぶ風景は正に古き良き時代にタイムスリップした気分になります。

やはり冬季はお休みのお店も多く、少し寂しい感じもしますが、建物を見て歩くだけでも本当に楽しい宿場町です。

当館より車で約4、50分。

お気に入りの木曽漆器を見つけるのも楽しいですね。

これからの時代、この街並みの姿を維持していくには「そこで生きる若い力がどれだけあるか」だと思います。

奈良井商工会の皆さん、良く当館をご利用いただきありがとうございます!

私も陰ながら応援しています。


 

2012年01月19日

YUSHI CAFE


古くて新しい。。。

これは当館の宿創りのテーマの一つです。

戦前に作られた建物や物には確かな素材と日本人の豊かな感性に溢れています。

そうしたものを今一度見直し、今の時代の感性で「新しい」をちょっとだけプラスする。

ただ懐かしいだけじゃない宿創りを日々考えています。

 

先日、ある方からご紹介いただいた佐久市にあるYUSHI CAFEさんにお邪魔しました。

古い民家は随所に素晴らしい意匠が残り、それらを生かしながら気持ちのいいカフェ空間が作られていました。

「古いところはあえてそのままにしてあげよう」とでも言うような力の入り過ぎてないお店作りがなんとも気持ちがいいのです。

 

古い建物は不便がいっぱい。でもそんなことどうでもよくなるくらいに、古くて良いものに囲まれた生活がどれだけ豊かなものかを今の若い人たち(特に)は気づいているんです。そして今の時代の感性で読み替えて上手に付き合っています。

そんな方たちを応援したいし、私も頑張らなきゃなって思います。

YUSHI CAFEさん是非訪ねてみてください。

 

 

 

 

 


 

1 / 11

 

このページの上部へ