信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館

HOME >> 日記帳 >> 日記帳|信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館 » 仕事人

 

2019年04月02日

造園工事スタート


現場は解体工事の真っ最中ですが、早くも本日から造園工事が始まっています。
建物と庭の調和は今回の工事の大切なポイントの一つです。

既存の庭を活かしつつ新たに作る庭、如何にその景色を内に取り込むことが出来るか。

お客様の目線に立ちながら建物と庭の高さ、据える石の角度をミリ単位で調整していきます。その一つ一つがお客様の心地良さに繋がると私たちは考えるからです。
通常、造園工事は最後になりますが、今回は既存の建物と庭がある為、先行してやらなければならない事が山ほどあります。資材の搬入も一苦労。
今しか出来ないことがあります。きっと次の100年までそのままだと思うと石の据え方一つに緊張感が漂います。


 

2016年06月22日

SASAKI SEEDS


当館と同じ里山辺で野菜作りを営むSASAKI SEEDSさんの畑にお邪魔させていただきました。

 

SASAKI SEEDSと言っても種屋さんではありません。

固定種、在来種の野菜から自分で種取りをして、農薬や肥料を使わずに自然栽培でお野菜を作る農家さんです。

 

他品種と交配しないように受粉作業をコントロールしながら、毎年同じ品種の種を取り続けていくというとても手間のかかる栽培方法にチェレンジしています。何年も同じ種を取り続けていくことで種のDNAにこの土地の気候風土が刷り込まれて、土地に合った力強い野菜が育つそうです。

 

畑は当館の氏神様でもある須々岐水神社の隣にあり、美ヶ原からお宮の中を流れる小川の水でお野菜を育てているとか。なんとも有り難いお野菜なのです。

佐々木さんご夫婦が種取り栽培を始めて4年目、今年からSASAKI SEEDSとして本格的に取り組むということで、当館でも佐々木さんご夫妻の情熱の籠ったお野菜をお取り扱いさせていただくこととなりました。

 

現在、全てが露地栽培のため、本当の旬の野菜たちです。また、種取り栽培という大変手間のかかる方法をご夫婦だけでされているため、生産量にも限りがあるそうです。当館でも通年でのご用意は難しいと思いますが、佐々木さんのお野菜があるときにお料理の中で少しづつご紹介できればと思っております。

 

これからの夏野菜がとても楽しみです。

 

SASAKI SEEDS
 


 

2014年07月15日

庭造り


この冬に完成した別館の渡り廊下ですが、外周りの庭造りが進んでいます。

土地の傾斜を利用して既存の石積みをばらした石で石垣を築き、盛土をして建物との調和を図るプランです。

現場は重機が一切入れられない為、私も庭師さんのお手伝いをしながら全て人力での作業です。

大きな景石は半日かかって現場に搬入するなど、かなりの庭師泣かせ。

無理なお願いに嫌な顔一つせず、庭造りを進めてくれる親方や庭のクニフジのスタッフの皆さんには本当に感謝です。

少しずつ山野草や苔を植栽しながら鄙びた風情になるよう育っていきたいと思います。

こうして庭に手を入れてもすぐにはお客様には繋がらないでしょう。

でも必ず評価される時がいつか来ると信じ、本物を本気で造ります。

 

今年の工事はひとまずここまで。

来年は上段の建物周りを整えます。

こんなスケッチを描いてくれる庭師さん、心強いパートナーです。


 

1 / 3123

 

このページの上部へ