信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館

HOME >> 日記帳 >> 日記帳|信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館 » Next 100 Years

 

2019年05月19日

揚屋工事


基礎工事がほぼ終わりつつある現場は建物の歪みを水平にする揚屋工事が進んでいます。
基準の柱から四方のレベルを測ると歪みの酷いところで5㎝〜10㎝程建物が下がっていることが分かりました。3階建ての大きな建物なので全てを水平にするのはそもそも不可能とのこと。そこでいくつかポイントを決めて建物を起こし、可能な限り水平をとる計画です。
建物を起こす「揚屋」と言う専門の職人さんが慎重に作業を進めています。
土台と柱に出来たこの隙間。
これから大工さんが柱を継ぎ足す気の遠くなる作業が続きます。


 

2019年05月10日

絶賛造園工事中


ゼロに戻した浴室棟エリア。
浴室棟を建てる前に浴室棟を囲む様に庭を作っています。

今はただ石がゴロゴロしているように見えますが、一石一石が正解に据えられていきます。
土が入り、緑が植えられ、主庭の池に注ぐ水の流れが出来るまでまだまだ。
素晴らしい庭が出来そうです。

毎日、危険な作業に向き合う庭師さん。カッコイイっす!


 

2019年05月09日

ラウンジ


今回の工事は古い建物の再生だけでなく、如何に庭を含めた周囲の環境を館内に取り込むかを考え続けてきました。
その一番のポイントが池のある中庭を望むエリアをラウンジにする計画です。
今までは個室の食事処として使ってき場所のため、限られたお客様が限られた時間しかこのロケーションを楽しむことが出来ませんでした。

当館で一番のロケーションを皆さんに自由に楽しんでいただきたい。そんな思いでここを宿の中心にすることにしました。

今は新緑の緑が美しく、夏は水の音が涼しさ感じ、秋は紅葉が色付き、冬は暖炉の火と薪の音の中で雪を眺める。
静かに流れる音楽を聴きながらコーヒーを飲んだり、大切な人や仲間との語らいを楽しんだり、お客様同士の新しい出会いがあったり。
この場所を中心に当館でのご滞在を楽しんでいただけたらとても嬉しく思います。

ラウンジの下屋が出来ました。
庭の景色を額縁の様に切り取ります。
いい感じです。


 

1 / 912345...最後 »

 

このページの上部へ