信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館

HOME >> 日記帳 >> 日記帳|信州 松本 美ヶ原温泉 鄙の宿 金宇館 » Blog Archive » 職人技

 

 

 

2014年02月02日

職人技


今年は雪も少なく天候にも恵まれ、工事も順調に進んでおります。

大工さんの工場に運ばれた柱や梁は傷んだ箇所を補修され、見事に元通りに組み直されました。

80年の風雪に耐えた柱はやはり傷みが激しく、多くが写真のように不思議な形で根継ぎされています。

これは「金輪継」と言って木造建築の木材と木材をつなぐ代表的な継手だそうで、1本の木とほぼ同様の強度が保てるそうです。たくさんある継手の中でも最高位の強度を誇るらしい・・・。

素人にはどう組まれているか見当もつかない・・・。

先人の知恵と技術は本当に素晴らしい。

 

新しい柱に取り換えた方がよっぽど楽ですが、それと同時に風情と過去の時間も失われてしまいます。

こうした手間を掛けることに「時を繋ぐ」確かな意味があると思うのです。

 

 


1 / 11

 

コメント/トラックバック

トラックバック用URL

 

 

 

コメントする


※管理人にのみ通知

コメント

 

このページの上部へ